「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:国内旅行( 13 )

京都ー当尾の石仏群

今回の旅の終わりは当尾(とーの)の石仏群です。浄瑠璃寺から1時間30分ほどの散策コースです。

笑い仏ー 当尾の石仏群で一番人気です。微笑が幸せを下さるようです。阿弥陀三尊像  1299年
e0148260_19511956.jpg


e0148260_19494370.jpg


e0148260_19495125.jpg


やぶの中三尊像ー

地蔵菩薩像を中心に左に阿弥陀如来像、右に十一面観音菩薩立像  鎌倉時代

e0148260_19281732.jpg


首切り地蔵阿弥陀石仏

物騒な名前です。首切りの刑が行われた地にあったとか・・鎌倉時代

e0148260_19313723.jpg


眠り仏 ほとんど土の中でした。

e0148260_19354092.jpg


e0148260_1936934.jpg


あたご灯篭
とてもユニークな灯篭です。  あたご神社への献灯篭

e0148260_19375186.jpg


阿弥陀地蔵磨崖仏
 1343年

e0148260_2073313.jpg


のどかな里山風景
e0148260_2092352.jpg


つり店  どれでも一個百円 水分補給のためきゅうりを買って山に向かいました。 そのおいしいこと・・・
e0148260_20102872.jpg

e0148260_20104893.jpg
 
[PR]
by pokko34 | 2009-12-13 20:14 | 国内旅行

京都ー浄瑠璃寺

このたびの旅行で一番好きだった浄瑠璃寺です。いつかまた訪れたいと思っています。
浄瑠璃寺は奈良駅から一時間くらいの距離にあり、山の中の小さくて素朴なお寺です。九体の阿弥陀如来像(国宝)が安置されていることから九体寺ともいわれています。

e0148260_1710756.jpg


 阿弥陀堂
e0148260_1744093.jpg


e0148260_114462.jpg


苑池から見たお堂 
e0148260_17233073.jpg


小さな苑池にススキが趣を添えていました。
e0148260_10145081.jpg


お堂で見た厨子に入った秘仏 吉祥天女像(重文)もとても印象的でした。
e0148260_11242227.jpg



阿弥陀堂の裏にひっそりとお祀りしてありました。
e0148260_10193363.jpg


三重塔  
薬師如来をお祀りしています。 藤原時代   国宝
小さくてかわいらしい塔です。アライグマの被害にあって内部調査中でした。

e0148260_17335140.jpg



このもみじは今はもう紅葉の時期を終わっているのでしょうか。

e0148260_17354345.jpg


なんとも心優しい気配りです。 頭上には柿の実が枝も折れそうにたわわに実っていました
e0148260_1738329.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-12-12 18:08 | 国内旅行

奈良ー興福寺

興福寺は来年で創建1300年になるといわれています。 北海道人の私にはため息が出そうな歴史の深さです。

五重塔ー室町時代 どっしりとしていて安定感があります。    国宝
e0148260_2133458.jpg


e0148260_20593960.jpg


e0148260_2102381.jpg


北円堂ー鎌倉時代    国宝

運がよく訪れていた期間に阿修羅像や八部衆などの仏像がこのお堂に安置され見ることが出来ました。長蛇の列に並んで・・
e0148260_2192783.jpg


e0148260_21132213.jpg


頭越しに撮りました。
e0148260_2110637.jpg


e0148260_21104018.jpg


e0148260_21144615.jpg


三重塔ー鎌倉時代   国宝
五重塔と対照的で、繊維で優美で軽やかな感じを与えます。
e0148260_21205127.jpg


東金堂ー室町時代    国宝
e0148260_2122040.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-12-08 21:22 | 国内旅行

奈良ー薬師寺

唐招提寺から薬師寺に向かう細い道は歴史の道といいます。静かで落ち着いた雰囲気です。
e0148260_1618135.jpg


ここにも金木犀の甘い香りが漂っていました。
e0148260_1619125.jpg


鬼瓦のある屋根 右端は亀のようです。
e0148260_16205072.jpg


木戸のあるお宅
e0148260_16214588.jpg


薬師寺
 薬師寺で一番印象深かったのは奈良時代に描かれたとされる吉祥天女画像です。(国宝)ふくよかで気品のあるお顔と以外に小さい(53cm)のに驚きました。 もちろん写真は写せません。
e0148260_16305751.jpg


門を入ると美しい紫式部が目に入りました。白いものもありました。
e0148260_16335293.jpg


金堂
e0148260_16342684.jpg

中央にしめ縄?のようなものが見えます。
e0148260_1710496.jpg

修学旅行の学生たち
e0148260_17154929.jpg


東塔 六重に見えますが三重塔です     国宝
e0148260_17175089.jpg


西塔  消失し再建されたもの
e0148260_17222367.jpg


東院堂  鎌倉時代に建立  国宝
e0148260_1724960.jpg


玄奘三蔵院
e0148260_17252019.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-12-05 17:28 | 国内旅行

奈良ー唐招提寺

私が訪れた10月中旬の京都,奈良のお寺の境内は金木犀の花の香りがあふれていました。
体育系のいかつい男子高校生が、奈良は良い匂いだ~と叫んでいたのを思い出します。


唐招提寺は井上靖の名作 「天平の甍」にもあるように五度の苦難をのり越えて来日した唐の高僧 鑑真が創建しました。(759年)

e0148260_21164132.jpg



金堂
 修理中でしたが写真は完成間近の姿です。足掛け12年の歳月をかけて改修され今年11月に完成しました。先日テレビで「金堂4,000日 平成の大改修」のドキュメントが放送されました。金堂全てが解体され柱の改修のための木々は、奈良近郊の山々を捜し歩き条件にあったものを探し出しました。またその中から選りすぐりのものだけを使用したといいます。何よりもまだそのように長い年月耐えうる木々を大切に育てている風土に感嘆しました。奈良全体が今も天平の時代をきっちり受け継いでいるように感じます。 国宝

南大門をくぐると正面に見える
e0148260_21321715.jpg


e0148260_2134252.jpg


柱はまだ白い布で包帯のように巻かれている
e0148260_21374361.jpg

遠景
e0148260_21401258.jpg


校倉ー経倉、宝倉  日本最古の校倉建築   ともに国宝

e0148260_21454564.jpg

e0148260_2146159.jpg

白いすじのように見えるのは雨です。
e0148260_21461276.jpg


e0148260_2150413.jpg


e0148260_21511035.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-11-30 21:52 | 国内旅行

奈良ー法隆寺-2

中門を入ると目の前に
五重塔ー木造としては世界最古  国宝  凛とした姿に心が落ち着きます。

e0148260_19194271.jpg

角度を変えて・・・   歴史の深さを考えると、ただただ立ち尽くすのみです。背筋がぴんと伸びそうです。 本当に美しい!姿です
e0148260_19201525.jpg


金堂  国宝
e0148260_2104862.jpg


龍の刻まれた柱は補強のため鎌倉時代の修理の際付加されたものという。
e0148260_20174912.jpg


e0148260_2016896.jpg


東室 国宝 僧侶の住居
e0148260_22521339.jpg


絵殿 重文
e0148260_22544883.jpg


鐘楼 国宝
e0148260_2255518.jpg



聖霊院
 聖徳太子を祀る  国宝
e0148260_22594028.jpg


夢殿奈良時代建立の八角円堂  国宝  聖徳太子の等身像とされる救世観音像が安置されている。   私にとって印象深い場所でした。
e0148260_922196.jpg



正岡子規の有名な句碑
 柿くへば・・・ この時期あちこちで柿の実が熟していました
e0148260_23224148.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-11-25 20:23 | 国内旅行

奈良ー法隆寺-1

今回の旅行の第一の目的地は奈良 斑鳩の里 法隆寺でした。高校の修学旅行以来?十年ぶりの法隆寺に感動しました。 数々の仏像は写真には撮れませんでしたが、私の心の中に存在します。境内にいるとなぜか清清しい気持ちになります。

南大門ー法隆寺の玄関である八脚門  国宝
e0148260_185458100.jpg


中門ー南門をくぐり中門が見える  国宝
e0148260_1858679.jpg


金剛力士像 人と比べて像の大きさがわかります。
e0148260_190171.jpg



e0148260_1904489.jpg


阿形の像 迫力があります。 雨風にさらされながらも・・・
e0148260_1921492.jpg

e0148260_1923389.jpg


吽形の像
e0148260_193521.jpg

e0148260_1941024.jpg


中門の回廊
e0148260_195980.jpg


中門の内側から南門を見る
e0148260_1962351.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-11-25 19:24 | 国内旅行

京都ー大徳寺

大徳寺は広い寺域に22の塔頭(院)がある。一休さんでおなじみの一休禅師が応仁の乱で焼失したものを復興したといわれています。門前にはその一休禅師から秘法を教わったということで、一休ならぬ一久、大徳寺一久いう名の500年の伝統のある大徳寺納豆屋があります。大徳寺御用達のお店だそうです。納豆といっても粘りは無く黒くて硬い塩辛いお豆のようなものです。
大徳寺一久
e0148260_642490.jpg
e0148260_6421687.jpg


勅使門  重文
e0148260_6431146.jpg
e0148260_6431981.jpg
e0148260_6432749.jpg


三門   重文
この門には千利休が、自分の像を置いたとして秀吉に切腹を命じられたという有名な話があります。 
e0148260_6511750.jpg


法堂   重文

e0148260_6481917.jpg


鐘楼  重文 

e0148260_6554996.jpg


塔頭のひとつ 大仙院の庭  苔むした松の幹が美しい
e0148260_65448.jpg


e0148260_654158.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-11-21 06:56 | 国内旅行

京都ー仁和寺

仁和寺は広大な敷地に、国宝の金堂や五重塔などが立ち並ぶ。宸殿を中心として枯山水の庭園も有名です。訪れた日は時間が無くほんの一部を観覧したのみで、次回に楽しみを残しました。

二王門
e0148260_20293631.jpg


横から
e0148260_2030203.jpg


ひじき
e0148260_20303096.jpg


阿吽の像
e0148260_20313324.jpg
e0148260_20314333.jpg


重厚な二王門をぬけて宸殿に向かう
e0148260_2033374.jpg


宸殿の廊下
e0148260_2037201.jpg


宸殿の廊下に座って北庭を眺める。 遠くに五重塔、左手前に茶室飛濤亭が見える
e0148260_20404593.jpg


なんともやわらかい京言葉
e0148260_20415395.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-11-20 20:43 | 国内旅行

京都ー等持院

足利尊氏の菩提寺として知られる。 霊光殿には足利歴代の木像などが安置されている。
e0148260_7401539.jpg


方丈(本堂) 1616年妙心寺から移築
e0148260_7402429.jpg


方丈から見た夢窓国師作の庭園
e0148260_861828.jpg


鴬張りの廊下から見える茶室 清漣亭 
e0148260_823688.jpg


わびさびのたたずまいを見せる 茶室 清漣亭
e0148260_8124974.jpg


e0148260_8131256.jpg


足利尊氏公のお墓
e0148260_8151480.jpg


お墓のぞばに美しく光っている椿の実を見つけました。
e0148260_8162030.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-11-17 08:20 | 国内旅行