「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:北海道のこと( 18 )

道南の春

5月6日~8日 車で道南の旅をしました。のんびり、ゆったり走って、4時間30分で函館五稜郭公園に到着しました。桜はまさに満開で、1600本の桜が咲き競っている様は本当に見事でした。ほとんどが染井吉野で、その淡い桜色は上品で風に揺れる花弁がとても可憐です。 函館でも松前でも満開の桜を満喫しました。こんなに美しい桜は初めてで感激しました。桜三昧のゴールデンウィークでした。

戊辰戦争の最後の舞台となった五稜郭。星形のフォルムが美しい。タワーの上からの景色です。左上に見えるのが函館奉行所です。奉行所全体の3分の1が4年をかけて再現されたそうです。
e0148260_192337.jpg


全体図
e0148260_640797.jpg


五稜郭タワー
e0148260_1924445.jpg


e0148260_1925514.jpg


e0148260_193923.jpg


e0148260_1932098.jpg


e0148260_1934838.jpg


e0148260_1943927.jpg


e0148260_1945225.jpg

老木も見事に美しい花を咲かせています。
e0148260_195595.jpg

数少ないしだれ桜
e0148260_1952148.jpg


e0148260_195335.jpg

函館奉行所
e0148260_1961934.jpg

函館山を望む
e0148260_196534.jpg

函館ハリストス正教会  愛称ガンガン寺
e0148260_1972091.jpg


e0148260_1973657.jpg


e0148260_1981813.jpg

赤レンガ倉庫群
e0148260_1984381.jpg

トラピスト修道院
e0148260_6441396.jpg

e0148260_1992411.jpg


e0148260_1994281.jpg


e0148260_1910374.jpg


e0148260_1910413.jpg


e0148260_19105479.jpg


松前公園
250種 1万本の桜があるそうで、早咲き、中咲き、遅咲きと時間差で一か月にわたって
咲き続けます。ここでしか見られない品種もあるそうです。

松前城は正式名は福山城です。
e0148260_15373882.jpg


日本で最後に作られた城。昭和35年に復元された天守閣
e0148260_15375128.jpg


e0148260_1538216.jpg


桜前線北海道上陸標本木

e0148260_15381765.jpg

幹から可愛らしい赤ちゃん誕生
e0148260_15383187.jpg


南殿(なでん)という早咲きの品種 今はこの品種がたくさん咲いていました。
e0148260_15441543.jpg


e0148260_15442846.jpg


タンポポと一緒に・・
e0148260_15444434.jpg


雨宿り 緑色がかった白い桜 気品があります。
e0148260_15484959.jpg


江戸彼岸 色が濃くて可憐な花びら 
e0148260_15511525.jpg


e0148260_15512999.jpg


豆桜
e0148260_15583215.jpg


e0148260_15584878.jpg


椿、桜、梅が一時に美しく咲き競っています。
e0148260_1612683.jpg


温泉旅館銀婚湯
旅の最後は八雲町上ノ湯 楓林の庭園で囲まれた、温泉旅館銀婚湯で過ごしました。
函館から約1時間半くらいの道程です。
チェックインは11時、アウトは13時でお客さんに配慮した時間になっています。
早めに旅館に入って庭園を巡り、野趣あふれる小さな貸切の温泉に入るのを楽しみにしている人達がたくさんいます。泉質も数種類あるようで、もちろんかけ流し湯です。朝食を食べてから、ゆっくり湯船につかりチェックアウト出来ます。
食事も地元の山の幸、海の幸がたくさん使われていておいしかったです!。楓林が紅葉する時期はどんな美しい景色に変わっているでしょうか。又訪れてみたい宿です。

e0148260_1732868.jpg


玄関正面にある樹齢1000年の水松(イチイ)はこの旅館のシンボル樹 銀の水松です。
e0148260_17354227.jpg


夫婦水松 樹齢1200年
e0148260_17375785.jpg


家族水松 一本の幹から たくさんの家族?が発生している
e0148260_1740265.jpg


部屋から見た楓林 芽吹き始めた木々はまるで花が咲いているようにほのかにピンク色をしている。
e0148260_1833198.jpg


薪ストーブのあるロビーはあたたかい。
e0148260_18374834.jpg


食堂を中庭から見る。
e0148260_18384997.jpg


宿から長靴を借り、この門をくぐって小さなお湯めぐりが始まる。
e0148260_18405442.jpg


e0148260_18412076.jpg


桂の林  かつらの湯
e0148260_1842428.jpg


e0148260_184345.jpg



丸太の脱衣所
e0148260_18445241.jpg


丸太の裂け目からの景色
e0148260_18453688.jpg


e0148260_18481690.jpg


お風呂から外の景色 周囲は大自然!
e0148260_18592417.jpg


吊り橋を渡り5分ほど歩くと・・   遠くに散歩する宿泊客が見える
e0148260_1901465.jpg


どんぐりの湯
e0148260_1911796.jpg


e0148260_1915122.jpg


e0148260_1921524.jpg


さらに少し歩くと トチニの湯
e0148260_19309.jpg


丸太をくりぬいたお風呂 川の流れを見ながら自然を満喫
e0148260_1943755.jpg


e0148260_197783.jpg


e0148260_1973513.jpg


自然に抱かれて本当に癒された一日でした。
[PR]
by pokko34 | 2011-05-11 19:46 | 北海道のこと

2011年2月 小樽雪あかりの路

小樽高商(現小樽商大)出身の作家 伊藤整の詩集「雪明りの路」から名づけられたということです。
揺らめくろうそくの炎で寒さも温められるようです。
なかでも鉄道 旧手宮線跡の会場は市民の手作りの素朴な味わいがいいですね。
各商店でも思い思いのアイスキャンドルなどで店の入り口を飾ってお客様を迎えています。

e0148260_1644836.jpg


e0148260_165613.jpg


e0148260_1652060.jpg

運河に浮かぶ浮き球キャンドルが幻想的です
e0148260_1653388.jpg


e0148260_1681799.jpg


e0148260_1684024.jpg


e0148260_1691357.jpg


e0148260_169286.jpg

思わず笑ってしまいそうなユーモラスなあかり
e0148260_1694513.jpg

グランドクロスと名付けられたあかり
e0148260_16111448.jpg

雪の花あかり
e0148260_1614851.jpg


e0148260_16143880.jpg


e0148260_16145822.jpg

サッポロビールがよく冷えています。おいしそうです!
e0148260_16154344.jpg

[PR]
by pokko34 | 2011-02-09 16:20 | 北海道のこと

ニセコに行って来ました

あいにく天気が悪くて羊諦山は見えませんでしたが、羊諦山の恵みの水をいただいて来ました。

ニセコのジャガイは定評がありますが、まさに畑一面花盛りで美しい景色でした。
薄紫の花はどんな種類のジャガイモなのでしょうか・・・
e0148260_1045526.jpg


e0148260_1051437.jpg


e0148260_1053098.jpg


e0148260_1053730.jpg


e0148260_1055482.jpg

[PR]
by pokko34 | 2010-07-03 10:07 | 北海道のこと

積丹町ー積丹岬 島武意海岸

5月3日 暖かい天気に誘われて海に向かって出かけました。
美しい積丹ブルーに惹かれて毎年夏に訪れていますが、5月の積丹も美しい!

人が二人しか並んで歩くことの出来ないほどの狭い小さなトンネル内は、灯りもなく真っ暗ですが、いくらも歩かないうちに目の前に青い海が飛び込んできます。そのギャップが海の色をより鮮明にします。

e0148260_8141513.jpg
e0148260_8143517.jpg
e0148260_815073.jpg
e0148260_8151993.jpg
e0148260_8154054.jpg
e0148260_816106.jpg

[PR]
by pokko34 | 2010-05-05 08:20 | 北海道のこと

洞爺・登別方面ー

12日 台風一過で、雲は多かったですが天気が良く快適な一日でした。
でも紅葉には少し早かったようです。

洞爺湖ー湖畔から
e0148260_1327595.jpg


ー有珠山ロープウエイの中から
e0148260_13295510.jpg


西山火口の空ー何処までも続く青い空と流れる雲が印象的でした

e0148260_13535836.jpg

昭和新山ー有珠山ロープウエイの中から
e0148260_13332438.jpg


クッタラ湖ーオロフレ峠から ここから眺める倶多楽湖はとても神秘的です。湖の向こうの濃いブルーは太平洋
e0148260_1336357.jpg


ここからは360度いろいろな景色が見られる
e0148260_13474058.jpg


登別ー日和山 噴火口から噴出す音が恐ろしいほど大きく響いています。

e0148260_13421886.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-10-13 13:51 | 北海道のこと

川上郡川上町層雲峡高原温泉ー

8月初め帯広から三国峠を越えて高原温泉へ行って来たときの写真です。帯広から車で3時間半くらいの道程です。 行く道々にこんな看板を何度か目にしました。

e0148260_1241735.jpg


e0148260_124466.jpg


三国峠からの展望  右下の白い三日月のように見えるのは私達が登って来た道路です。
e0148260_1245858.jpg



大雪高原山荘  旭岳の真裏に当たることから裏大雪とも呼ばれています。緑岳、白雲岳などの登山口でもありくさんの登山客が訪れる。温泉は硫黄泉でとても気持ちが良いお湯です。紅葉のシーズンには麓の山道から列が出来るほどの人気らしいです。 営業は6月から10月10日迄で後は深い雪に埋もれる。
            
e0148260_1264177.jpg


e0148260_12431172.jpg


狐君も現れて・・
e0148260_12361343.jpg


ヒグマ情報センター 沼めぐりに出かける人は必ずこの建物を通って熊情報を得て出かけることになります。
e0148260_1220558.jpg


山には残雪が・・
e0148260_12204417.jpg


沼めぐりは自分の体力に合わせて、巡ることが出来ます。でもすぐ近くに次の沼があったりしてとても魅力的ななコースです。 原生林の中の沼はとても神秘的です。
ここからは去年写した写真です。

e0148260_12282832.jpg


e0148260_12283730.jpg


e0148260_12285482.jpg


e0148260_1229525.jpg


新種発見?と思ったらたくさんいるのだそうです。 蛙もたくさん見ました。熊には会わなくて良かったです!

e0148260_12314577.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-08-27 12:39 | 北海道のこと

十勝讃歌ー4ー

中札内村    六花の森
中札内美術村の他に六花亭の工場のそばに10年先を見越して造成中の六花の森があります。 六花とは十勝六花ということで
ハマナス、エゾリュウキンカ、エゾリンドウ、カタクリ、シラネアオイ、オオバナノエンレイソウ、十勝に暮らす人にとってはなじみの野草たちです。
春の花が多いので今の時期は寂しいですね。でも広々とした公園内には小川が流れていたり、古民家のチーク材を再利用した趣のある建物が美術館として点在していますから、自然を満喫しながらのんびりと過ごす時間を楽しみたいですね。

入り口には傘なども準備されています。 この日は雨で私も利用しました。

e0148260_10381078.jpg


入り口   木くずが敷かれている歩道は雨が降っても歩きやすい。
e0148260_10382238.jpg


入り口を抜けると目の前に青く広々とした丘が広がっている。この風景が一番気に入りました。

e0148260_10384457.jpg


考える人(ロダンから) 背中から何を感じるかは人それぞれのその時々の感性でしょうか。 私はこの背中からなぜか悲哀を感じました。

e0148260_10474938.jpg


前は? ん・・・
e0148260_10385556.jpg


丘から眺めた景色

e0148260_10594677.jpg


坂本直行美術館

e0148260_10393852.jpg


今の時期の野草たちを少しだけ・・

e0148260_1125373.jpg


e0148260_1151145.jpg


e0148260_1153485.jpg


e0148260_1155564.jpg


e0148260_1161335.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-08-13 10:55 | 北海道のこと

十勝讃歌ー3ー

上士幌町

北海道の人が十勝石というのは主に十勝でたくさん取れる黒曜石のこと。 硬い石を磨いて作った、ギャラリーショップ 十勝 の作品は素晴らしいです。 ふくろうをモデルにした作品などは、その表情におおいに癒されます。

十勝石の原石  割ると中は黒くつやつや光っている

e0148260_18323584.jpg


ギャラリイ-ショップ 十勝

e0148260_1831352.jpg


玄関のデイスプレー

e0148260_18342460.jpg


e0148260_18415373.jpg


e0148260_1834351.jpg


e0148260_18372327.jpg



e0148260_18353464.jpg


上士幌町では毎年熱気球フェステバルが開かれています。
昨年近くを走っていて偶然遭遇、追いかけ行って撮ったものです。

e0148260_1614828.jpg


e0148260_1614281.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-08-10 18:42 | 北海道のこと

十勝讃歌ー2ー

帯広市
真鍋庭園

市内中心部から車で15分も行くと、木々が生い茂った森の中の庭園に着く。鳥の声、すがすがしい空気。自然がいっぱいです。
明治から4代にわたって庭園作りをしてきたという、24,000坪の庭園には、池や滝なども配置されていて、数千種の植物が育成されています。 コニフアー(針葉樹)はこの庭園のシンボルです。特に葉が銀青緑のブルースプルースは姿も美しい。クリスマスツリーとしても用いられる。 私の大好きな木です。

庭園入り口
e0148260_12542954.jpg


e0148260_12564242.jpg


先代の住居として使われていた赤い屋根の建物は建材をほとんど自己山林から切り出したものを使用したという。 青みがかった木はブルースプルース。
e0148260_1364172.jpg


e0148260_13213316.jpg


苗として育てている
e0148260_1322042.jpg


ブルースプルースの名をとった同名のカフエ。  鳥のさえずりを聞きながらの読書はいかが?

e0148260_135521.jpg


目の前にはこんな景色が広がっている

e0148260_13511720.jpg


クレマチスの鮮やかな赤がひときわ人目を引く

e0148260_13585217.jpg




グレーポプラ タワー   木肌が特異

e0148260_13354533.jpg



e0148260_13481925.jpg


ニセアカシア   黄緑色が際立って見える

e0148260_1414896.jpg


緑 深く吸い込んで・・  いい気持ち!
e0148260_1432054.jpg



あずま屋で一休み。

e0148260_13423813.jpg


木をくりぬいて風車

e0148260_17421794.jpg



山アジサイ各種  楚々として美しい。

e0148260_17434932.jpg


e0148260_1744816.jpg



e0148260_17452525.jpg


e0148260_17455972.jpg


e0148260_17461724.jpg



e0148260_17463760.jpg


e0148260_17464881.jpg



e0148260_1747391.jpg


e0148260_17471663.jpg



イワガラミ?でしょうか・・・

e0148260_17495047.jpg
 

e0148260_17501318.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-08-09 14:05 | 北海道のこと

十勝讃歌ー2ー

帯広市
最近地方都市もなかなか頑張っていると思う。帯広市も駅のすぐそばに図書館を作ったり、市内の空洞化に歯止めをかけようとし努力しているのがわかります。
七夕祭りでいつもは人気のない広小路にもたくさんの老若男女が集まり、ビールを飲んだり写真を撮ったりして大盛況。 昔の活気を取り戻していました。
若い人達の姿を見ると元気をもらえます。

若いカップルが浴衣姿で。
e0148260_16235635.jpg


ばんば競馬の街らしく・・
e0148260_153169.jpg


北海道立帯広美術館 森の中の美術館です。ロビーでは無料のミニジャズコンサートが開かれ、北大路魯山人展をしていました。
e0148260_1541427.jpg


北海道ホテル林の中にあって、古いけれどなぜか落ちつくホテルです。 ショップでは道内産のお土産が買えます。
私のお勧めは北見名産のハッカスプレー。

コーヒーショップから中庭を・・ この日は雨で木々が濡れていてしっとりとした雰囲気でした。
e0148260_15144577.jpg


サビタの花も雨に濡れて・・
e0148260_1515014.jpg


e0148260_1519763.jpg



ホテル内のチャペル。 まだ独身の方いかがでしょうか?雰囲気ありますよ。
e0148260_15161346.jpg


十勝帯広、地産地消型当地グルメ   枝豆サラダ麺をご紹介します。

ルール ①十勝産小麦100%の平打ちパスタ。②十勝産枝豆使用 
③枝豆以外の十勝産の豆一種類 ④ 帯広産の長いも
⑤十勝産小麦のパンをつける⑥帯広ばんえい競馬場から出る堆肥で育てた無農薬マッシュルームのスープをつける  ⑦価格は1000円以内とする。 
たくさんのレストランが参加してシェフ達が腕を競っています。同じ素材でもたくさんの味が出現しそうですね。


北海道ホテルのサラダ麺
e0148260_15535491.jpg


こってり系でこくのある味です。
e0148260_15542127.jpg


マッシュルームのポタージュ   意外な味でおいしい。
e0148260_15551293.jpg

[PR]
by pokko34 | 2009-08-08 16:01 | 北海道のこと